Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Recommend
日本とドイツ 二つの戦後思想 (光文社新書)
日本とドイツ 二つの戦後思想 (光文社新書) (JUGEMレビュー »)
仲正 昌樹
テステス・・・
コメントはお待ち下さい
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2009.03.29 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2008.11.05 Wednesday
『クワイエットルームにようこそ』

評価:
---
角川エンタテインメント
¥ 3,179
(2008-03-19)
コメント:映画『クワイエットルームにようこそ』

精神病という扱いにくい話題を中心とする。
視点は精神病とは関係のない「普通」の人から見た状態で進んでいく。
そして、何かの勘違いで入れられたはずの精神病棟で
正常であることへの疑いが、話の進行とともに生まれていく。

乱高下しながら重いシーンと笑いを繰り返すため
全体的な印象はどす黒いのに、どこか垢抜けている。
夕立が去った後、暑く厚く黒い雲の隙間から太陽の光が落ちているようなイメージ。

そして、話が核心部に近づく頃には、
どっぷりと「クワイエットルーム」の最深部に落ちていることに気付く。
楽しいような辛いようなストーリーの中でぼーっと流されていると
いつの間にか、松尾スズキの世界観に浸食されているのである。

都会的なスタイリッシュ感とぐちゃぐちゃな笑いが
「重い話」をザラザラの質感に変えていることが衝撃的で
ここ1,2ヶ月観た映画の中では一番面白かった。

内田有紀ってこんなに演技うまかったんだとはじめて知った。
蒼井優もさすがな感じだった。
松尾スズキのすごさには恐れ入った。
はじめ監督が宮藤官九郎だと思いながら観てた。シーンの繋ぎ方が似ている気がする



ゆーし
| ゆーし | 映画 | 16:07 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.03.29 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:07 | - | - | pookmark |
Comment
毎回、表現力が。。。匠です!
かも, 2008/11/05 9:08 PM
松尾すずき、松尾ばんない。。
そんなことより
オバマのことについて書こうぜ!!!
shin5, 2008/11/05 10:27 PM
かも君、、、
限界を感じております。。。引退近し!?

しん君、、、
ノッチがまだ芸能界で生きていけると言うことですね。よかった
おか, 2008/11/06 6:07 AM
クワイエットルームみたよー!!

不思議なおもしろさだね!!
あつし, 2008/11/06 9:35 PM
あつし、、、
「クワイエットルームにようこそ」は衝撃やったわ!
今までの邦画だと1番かもね〜好き嫌いは分かれそうやけど。。。
おか, 2008/11/07 3:32 AM









Trackback
URL : トラックバック機能は終了しました。